2009/12/10

Days of December 2009 - ギリシャ再び混乱

Alexis の虐殺と以後の暴動の一年後、ギリシャは再び混乱している。一年前、 政治家、ジャーナリスト、やつらの精神的な従僕どもは、嘘まみれに編曲されたシンフォニーの中で、それは反乱ではなく無意味な暴力であったと一斉に立証しようとした。
一年して抗議者たちは戻ってきた。そして、フレッシュな新社会民主主義政権は寛容なレトリックの背後で素顔を露にした: アナキストの社会センターが急襲されケラツィ二の占拠されたタウンホールまでも急襲された。大学の避難施設が不法侵入され、人々が逮捕された。警察の暴力とは別に恐怖の新たな方法が出現したのだ。おそらく、800人以上の抗議者がただ特定されるために警察に連行された (そして、警察のファイルに記録された)。暴動がいくつかの都市で発生した (ここここ)。メディアと政治家どもは再び役割を果たしたのである。

より詳しい情報と写真に関しては、libcomAfter the Greek Riots、Slackbastard (ここここ) をチェックを。

(7inchcrust"Days of December 2009" を適当訳)

1 comment:

  1. I have recently started a web site, the information you offer on this web site has helped me greatly.
    Thank you for all of your time & work.

    Also visit my web page; nike free 2013

    ReplyDelete